JOJOについて

京都祇園で生まれた、サンダルの新しいカタチ

ビーチサンダル、ゴム草履、フリップフロップ。
国境を超えて世界中で親しまれる現代の足の供の歴史を辿ると、自ずと日本古来の履物文化に行き着きます。
日本で生まれた草履が現代のライフスタイルに合わせて現代のサンダルとして形を変え、
今ではハワイの海辺からインドの僧院にいたるまで、あらゆる場所でわたしたちの日常に溶け込んでいます。

美しく放物線を描く花緒は、普遍的な機能性と構造美でサンダルの形を象徴していますが、
そんな完成されたサンダルのデザインを、この度京都・祇園の老舗履物匠「ない藤」が新たに描き直しました。

原点を見つめながらも未来作りに挑戦し、スーパーベーシックを目指す「mana PROJECT」。
その第一弾として、まったく新しい履物のカタチ『JoJo』をお届けします。

SBR、EVA、特殊コルク素材を厳選するのはいつまでも履いていただきたいから

前ツボ
哺乳瓶の乳首に使われる特殊ゴムを使用した前ツボは指肢にぴったりとフィットして力が
入りやすく長時間履いても疲れにくい素材です。
底面
タイヤにも使用されるSBRという素材を使用したゴム底は強度や耐摩耗性にも優れており、
芯には反発生が強くへたりにくいEVAを使用。弾力性があり、硬いアスファルトの上でも足に
負担をかけません。
花緒
花緒には水着などで使用される、摩擦に強く伸縮性に優れた素材を使用。
さらに、花緒の構造に工夫を凝らし、足当たりの良さと、長時間履いても疲れない抜群の
フィット感を実現しました。
足裏
足裏の当たる面には独自開発の特殊コルクを採用。赤ちゃんが口に含んでも大丈夫なほど
安全に配慮した天然素材で、足触りが良く、壊れにくい特性を持っています。

日本古来の履物は農耕具として発達し、前かがみの姿勢を支える動きに由来します。
西洋の動きでは、スリッパやサンダルはリラックスした休憩用の履物であり、日本の履物は
農作業や戦闘として活動的に活用するものとしての違いがあります。
狩猟民族として発達した西洋の文明は背筋を伸ばし常に遠くを見渡す姿勢により発達しています。
骨格や、筋肉の違いに注目していただけると、様々な違いを見つけることができると思います。

西洋のサンダル(ギリシャ)は踵を地面に足を踏み込む衝撃から守るように作られています。
一方日本の履物は指先種に親指の指股にしっかりと力が入り掴む力が出るような履物であるために
ミニマムな作りでありながら大変活動的な道具として使うことができます。
一般的なゴム草履などは履いて数分すると疲れてしまう傾向がありますが、それはこの違いによって
起こるものです。指股にしっかりと力が入り重心を下げて体を使うことができる特徴をもつJOJOは、
活動的に1日歩いても疲れない使い方が可能です。

京都祇園で生まれた、サンダルの新しいカタチ

活動的に利用するには、出来るだけ踵が履物の外に出るようなサイズを選び、踵を上げて
地面への着地時に足全体で力を分散することで、人間の本来の体の使い方に近い歩行を
実現することができます。
リラッックスした場(プールサイドや、オフィス内での上履きなど)として
また、休息用として利用する場合には、足を履物に預けるようにゆったりご利用頂きたいので、
あまり踵を出さないサイズをご利用いただく事をお勧めいたします。
日本には、駒下駄という玄関周りや、お庭で客人や、家人が共有のものとして、
少しだけ外を行き来する為に利用する履物がありますが、このような利用方法の履物は、
ゆったりと大きなものを利用します。

皆様のご利用方法に、ご利用の場所に合わせてサイズをお選びいただくことをお勧めいたします。
外出用には踵が外に出る小さめのサイズを、内履き用には踵がしっかりと乗る西洋風の
ジャストサイズをお選びください。